MENU

強迫性障害は現代病?

強迫性障害(強迫性神経症)は、
日本はもちろん。先進国では深刻な問題です。

 

現代社会が生み出すストレスや競争環境など
多くの原因が強迫性障害を生むと
指摘されています。

 

原因やなり易い人の体質、性格を
理解していきましょう。

強迫性障害とは・・・

強迫神経症(OCD)は、不安な思い、アイデアや感覚(強迫観念)が
繰り返される不安障害であり、反復的に何かをするように促されます(強迫)。

 

手洗い、物の点検、清掃などの反復的な行動は、
人の日常的な活動や社会的交流を大きく妨げる可能性があります。

 

多くの人が思考や繰り返し行動に集中しています。
しかし、これらは日々の生活を混乱させず、構造を追加したり、タスクを簡単にすることができます。
OCDを持つ人々のために、思考は永続的であり、望ましくないルーチンや行動は厳格であり、
それをしないと大きな苦痛をもたらす。

 

OCDを持つ多くの人々は、彼らの強迫観念を知っているか疑うことは真実ではない。

 

他者は、彼らが真実であると考えるかもしれません(貧しい洞察力として知られています)。

 

たとえ彼らの強迫観念が真実ではないと分かっていても、強迫神経症の人々は、
強迫観念を忘れたり、強迫した行動を止めるのに苦労します。

 

OCDの診断には、時間がかかり(1日1時間以上)、重大な苦痛をもたらし、
仕事、社会的またはその他の重要な機能を損なう強迫観念および/または強制の存在が必要である。
アメリカ人の約1.2%がOCDを有し、成人では男性よりも若干女性が罹患している。
OCDは、しばしば小児期、思春期または成人期初期に始まる。平均年齢は19歳です。

強迫観念とは・・・

強迫観念は、不安や嫌悪などの悲惨な感情を引き起こす反復的かつ永続的な思考、
衝動、またはイメージです。OCDを持つ多くの人々は、思考、衝動、
またはイメージが心の産物であり、過度または不合理であることを認識しています。

 

しかし、これらの侵入思考は、論理や推論によって解決することはできません。
OCDを持つほとんどの人は、そのような強迫観念を無視または抑制しようとするか、
または他の考えや行動でそれらを相殺しようとします。典型的な執着には、
汚染や害に対する過度の懸念、対称性や正確性の必要性、禁止されている性的宗教思想が含まれます。

強迫行為とは・・・

強迫は、反感的な行動や精神的な行動であり、
人が強迫観念に応じて演技するように促されていると感じる。

 

その行動は、苦痛または恐れのある状況を予防または軽減することを目的としている。
最も重篤な場合、一定の儀式の反復がその日を埋めるかもしれないので、
正常なルーチンは不可能になります。これらの儀式が引き起こす苦痛を和らげることは、
強迫が非合理的であるという知識です。強制は心配にいくらかの救済をもたらすかもしれないが、
強迫観念は戻って、何度も何度も繰り返される。

強迫観念の症例

病原菌、汚れ、化学物質が「汚染される」恐れを減らすための清掃は、何時間も自分自身を洗い流したり、周囲を清潔にしたりします。一部の人々は、自分自身を洗うか、周囲をきれいにするのに何時間も費やします。

不安を解消するために繰り返します。名前やフレーズを発声したり、何度か行動を繰り返す人もいます。彼らはこれらの反復が実際に怪我に対して警戒することはないが、反復が行われなければ恐怖の危機が生じることを知っている。

例えば、ドアをロックすることを忘れたり、ガスストーブをオフにするなどして、自分や他の人に害を及ぼす恐れを減らすためにチェックすると、検査儀式が発展する人もいます。何人かの人々は運転ルートを何度も繰り返して、誰にも当たっていないことを確認します。

不快感を軽減するための発注と整理。一部の人々は、本のような物を特定の順序で入れたり、家計のアイテムを「そんなに」並べたり、対称的に配置したりするのが好きです。

侵略的な強迫観念への応答に対する精神的衝動、いくつかの人々は黙って祈り、不安を減らすためのフレーズを語り、恐ろしい将来の出来事を防ぐ。

2017/06/14 14:41:14 |
・専門的な病院にかかることがベスト強迫性障害に限らず、メンタル面の病気に関しては精神科や心療内科に行くことが多いと思われます。しかし、精神科や心療内科でも強迫性障害について明るい医師が揃っている病院でないとならないので、事前に病院側と相談して決めることが重要です。家族が強迫性障害に苦しんでいる場合、まず共に病院に行って一緒に医師の方から今後の治療プランを聞くことも選択肢になります。強迫性障害を患っていると、強迫観念を打ち消すための行動を家族に要求することがあるため(巻き込み)、家族全体の問題になる可能性もあるのです。そのようなケースの場合は強迫性障害の患者を持つ家族も今後のプランを聞く必要が出...
2017/06/14 14:39:14 |
・「巻き込み」でお互いの溝をつくらないように家族に強迫性障害を発病した方がいる場合、それを踏まえた上での生活をしていく必要があります。強迫性障害の患者は強迫観念にとらわれるあまり、打ち消すための強迫行為を繰り返したりこもりがちになってしまう可能性があります。家族から見ればそれがおかしく見えたり心配したり反応はそれぞれと思われますが、「馬鹿なことをやっている」とそのままにしておいてはいけません。というのも強迫性障害の患者の強迫行為の中には「巻き込み」というものがあり、早めに対応しないと家族の負担も強くなってしまうのです。例えば汚れを恐れる強迫性障害の患者の場合、家族に対しても過剰な手洗いを要求し...
2017/06/14 14:37:14 |
・認知行動療法強迫性障害に関する治療法はいくつかありますが、中でも効果的とされているのは認知行動療法です。人間が時間の経過に応じて抱いた不安に対する恐怖感が減っていくところを利用したもので、意図的に強迫行為を行わず不安と向き合う行動を行います。例えば、「あえて手を洗う回数を減らした」り、「触るのを避けていたものに触る」といった行動が一例で、不安を抱いても強迫行為から遠ざけることが目的です。最初は不安が強く苦しみも大きいですが、地道に繰り返すことで「気にする必要がないな」と思えるようになり、快方に向かわせるというのが大まかな認知行動療法(あえて避けていたことに向き合う上記のような認知行動療法は、...
2017/06/14 14:36:14 |
・不安が強く残ってしまう強迫性障害は不安が強迫観念となり強迫行為を繰り返したりして日常に支障をきたしてしまう病気です。しかし、「不安自体は自分も抱くのにどうして病気なんだ」と思う人もいるのではないでしょうか?強迫性障害の不安は「強度が強く、しつこく残り続けてしまう」から病気なのです。例えば強迫性障害の症状の一つである疾病恐怖(病気になるのではということを過剰に恐れてしまう)に関してですが、発症していない人でも「重い病気になってしまったのではないか」と不安に思う人はいると思われます。しかし、発症していない人は「実際になったら考えよう」、「今不安に抱いてもしょうがない」という風に割り切って不安を受...
2017/06/14 14:26:14 |
侵入思考ってなに?自分の意思とは関係なくパッと浮かんでくる思考。または、ズバッと頭に入り考えを占拠する様。強迫性障害の症状には様々なものがありますが、縁起恐怖等の頭の中で考えを巡らせて思い悩む症状の場合は、侵入思考が大きく関わってきます。侵入思考とは自分の考えや意思に関係なく浮かんでくるイメージや言葉のことです。基本的には不愉快だったり気分を害するものが侵入思考にあたり、それが不安の一要因になります。強迫性障害ついて深く関わってこなかった人の場合、侵入思考というものの存在自体に驚きを感じるかもしれません。「不安になるようなイメージなんかがパッと浮かぶわけがないだろう」と考える人もいるのではない...
2017/06/14 14:08:14 |
自分で無駄と分かっているのに・・・細かいを事を気にしてしまう事が辞める事が出来ない病気。強迫性障害強迫性障害という病気をご存知でしょうか?自分の家族や友人に何度も何度も手を洗うことを繰り返している人がいて、それを不思議に思ってはいませんか?このような行動を行う人は、自分が汚れていないだろうか?という不安やイメージが何度も頭の中に巡ってしまっている状態であり(強迫観念)、それを取り除くために手洗いを繰り返しているのです。強迫性障害とは強迫観念にとらわれるままに、悩んだり苦しむ病気のことをいいます。強迫観念は強く頭に残り続けてしまうため、強迫観念から思考をそらすことができず、強迫観念を取り除く行動...